公益社団法人 日本スカッシュ協会

ニュース

  • HOME
  • >
  • ニュース
  • >
  • JSA-NOW
  • >
  • ナショナルトレーニング~2020月8月2日(日)~報告

2020.08.09

JSA-NOW

ナショナルトレーニング~2020月8月2日(日)~報告 

場所:ヨコハマスカッシュスタジアム SQ-CUBE
参加者:前川颯太・坂田日葵
担当者:佐野公彦
テーマ:①股関節を使った動作練習
    ②状況にあったショットを打つ
内容:以下の内容で実施
①ウォームアップ
 ●ステッピング動作を使ってのウォームアップ
 ●股関節の運動(ウォームアップ)

 
② ソロ練習
 ●ドライブの強さ・長さをコントロールする
③ドライブのコントロールを意識したペア練習※1つのショット丁寧に打
 ●ストレートラリー+ゴースティン⇒自分がポジションを取るための時間を作れるドライブを打つ
 ●フロントからのドライブ⇒打つ際のポジションに応じたドライブを打つ
 ●ルーティン練習⇒1つのショットを良く考えて正確に打つ
④ 動作訓練
 ●股関節を意識(コントロール)してのドライブ練習


⑤サーキットトレーニング
 ●5種類の動作を連続して実施
  ⇒ジャンプ・腕立・バーピー・ランジジャンプ・スタージャンプ
所感:前回と同様に股関節という部分にクローズアップした動作訓練と1つのショットに対して状況毎に打ち分けていく意識とその技術的な部分の確認を行いました。ウォーミングアップの中で、股関節を動かしながら股関節を使う・コントロールするという部分に意識を向けていき、感覚的な部分も含めて動作の確認も行っていきました。まだ、自分自身の身体に対する意識が高いとは言えませんが、少しずつ動きは理解してきていると感じる場面も多くなってきています。ショットに対しては、まだ何となく打っているところが多く、技術的にも曖昧で、結果とスイングの結びつきを理解していないと感じることが多々ありました。今回は2名ということもありましたので、映像なども使い1人1人にアプローチして細かい部分も気づいてもらえるようなディスカッションを行っていきました。技術や知識は、知らないことで損をすることも多々ありますので、それを少しでもなくしていけたらと考えております。
以上

選手強化委員会では、以下の見地よりトレーニング中は選手はコート内でマスク外して活動をしています。
1.ソーシャルディスタンスを保つこと、不必要な会話はしないことなどの感染予防の行動はとっている。
2.熱中症を避けるため日本スポーツ協会からの指導要項に沿っている。
3.クラブのルールに従い練習時間以外はマスクを着用している。
4.施設利用は営業時間外であり他のお客様がいないこと、スタッフはマスク着用で指導にあたっている。

Asahi その感動を、わかちあう。
ダイナム
AGC株式会社
トレッサ横浜
PR TIMES
九州医療スポーツ
HEAD
  • SQUASH PRO SHOP SPORTS STATION JIN
  • SQ-CUBE スカッシュ専門施設
  • サンセットブリーズ保田
  • MIZUNO
  • DUNLOP
  • YAMANAKA Shirt Maker
  • BE-Win
  • ティップネス
  • サンワ
  • グリーティングス
  • ボースト
  • T-BOX
  • リバティ スカッシュコート
  • SPORT FOR TOMORROW
  • スポーツ振興基金
  • スポーツくじ toto BIG
  • アンチ・ドーピング JADA