公益社団法人 日本スカッシュ協会

トップ選手紹介ナショナルチーム

ナショナルトレーニング 

2008年に発足されたナショナルチーム強化プロジェクト以降、選手強化委員会が中心となって、有望選手にむけた安定したサポートを続け、2016年には、アジア団体選手権で、男女とも銅メダルの獲得(男子は史上初)や、ジュニアでも史上初とよばれる成績を常に出せる選手が育ち、成果をあげています。
現在、継続した選手の派遣と、ナショナルトレーニング、強化合宿を開催し、トップに続く選手の強化育成も継続、また、2015年より、ジュニアスカウトセレクションとして、自薦他薦問わずやる気や才能のある新しいジュニア選手(9歳から14歳)の発掘活動を行っています。

ナショナルトレーニングの狙い

  • 日常的にナショナルチームとしての活動の場を設ける
  • 各選手に対してナショナル選手としての自覚とモチベーションを与える
  • 各選手・各コーチに強化に必要な情報と手段を提供する

具体的な活動予定

定期的な練習・トレーニングを実施する
  • 月に1回、ナショナルトレーニングを実施
  • 年間に数回、ジュニアをメインターゲットとしたキャンプを開催
ジュニアをメインターゲットとした強化活動を進めていく
  • ナショナルトレーニングの対象は、原則として特別強化指定選手・強化指定選手及び強化指定候補選手とする
  • ジュニアキャンプの対象は、上記の強化指定選手達に加えてジュニアスカウト対象選手とする
  • 成長過程の選手を強化の対象とすることで、ナショナルチームの底上げを図るとともに、より多くのナショナル候補選手を育てることで国内の競争力を高めていく
アスリートの育成
  • アスリートとしての体作り、知識の習得、意識の改革

スカッシュプレイヤーである前にアスリートであることが求められている状況下である為、ジュニア年代からのアスリートとしての育成を手がけていく

情報・方法の共有
  • 練習及びトレーニングに関する情報の共有

各選手の現状を選手自身又はその指導者と共有することで、適切な練習及びトレーニングをタイムリーに提供していく

練習環境

  • ナショナルトレーニング ⇒ ヨコハマスカッシュスタジアムSQ-CUBE
  • ジュニアキャンプ ⇒ その都度決定
  • 担当コーチ ⇒ 佐野公彦(ナショナルコーチ)

    ※会場や担当者は変更になる場合があります

練習の基本コンセプト

  • 基礎的な技術を高めることを第一の目的とする
  • 基礎戦術の徹底的な反復
  • 上記の基礎部分の上に個性を生かしたスタイルの確立

トレーニングの基本コンセプト

  • アスリートとしての基本的な体作り
  • 基本的な体の使い方の訓練(作るだけでなく使うことを覚える)
  • 基礎の上にスカッシュ特有のフィジカル、動きの向上
  • 各選手にスタイルに合ったトレーニングの開発と提供

※段階を経て質と量、レベルを変えていきます

目標設定

シニア
  1. 2018年アジア競技大会・団体戦 男子予選通過/女子メダル獲得
  2. 2019年アジア選手権・個人戦 男子ベスト8/女子3位
ジュニア
  1. 2021年アジアジュニア団体戦 男子ベスト8/女子3位
個人

各選手の現状を把握したうえで、選手自身の意思を確認して、ターゲットを設定していく
※ナショナル選手としての取り組みができない選手は対象から外していきます


Asahi その感動を、わかちあう。
ダイナム
ゆうぽうと世田谷レクセンター
リバティ スカッシュコート
  • SPORT FOR TOMORROW
  • スポーツ振興基金
  • スポーツくじ toto BIG
  • SQUASH PRO SHOP SPORTS STATION JIN
  • SQ-CUBE スカッシュ専門施設
  • アイベックスポーツ株式会社
  • サンセットブリーズ保田
  • prince
  • MIZUNO
  • DUNLOP
  • YAMANAKA Shirt Maker