公益社団法人 日本スカッシュ協会

ニュース

2019.08.06

ナショナルチーム

WSF世界ジュニア2019レポート-9〜団体戦〜 

団体戦2日目
 
団体戦のステージ1が昨日からスタートしています。
昨日はマレーシアに完敗しましたが、本日のカナダ戦は上位リーグに上がるためにはキーとなる試合でした。
試合結果は以下のようになりました。
 
日本 カナダ
佐野Herring愛利沙 lost to Orcutt Charlotte 1-3(8/11 3/11 11/7 8/11)
高橋楽歩 lost to McGillicuddy Erica 0-3(5/11 7/11 4/11)
渡邉安佑未 lost to Chadwick Molly 0-3(5/11 4/11 8/11)
※本日の試合順は1-3-2
 
完敗でした。
最初の佐野選手は、ゲームの入りでボールとフィットしてない状況でドライブがルーズになってしまい、ポジションを取れないままラリーをすることになりました。どうにか打開しようとするも、相手のフォアハンドのボレーで展開を作られてしまい失点を防ぐことができませんでした。次のゲームも同じような展開となり、完全に主導権を握られてしまいます。しかし、3ゲーム目に入り、ドライブで相手を後ろに下げることができてきました。そこからフロントへのアタックも入り出し、ゲームを取ることに成功しました。4ゲーム目は序盤に失点を重ねてしまい流れを持っていかれかけましたが、テンポを上げたことで相手が崩れ出し8-9まで迫りました。そこで相手のクロスがイレギュラーする不運があり10点目を与えてしまい、そのまま逃げ切られてしまいました。
続く高橋選手は、個人戦でも対戦した相手でした。個人戦ではボレーに入られて主導権を握られたので、それを回避することを意識していきましたが、ドライブが全体的にルーズになってしまったことで、自分自身がポジションを取れないかたちでラリーすることになりました。得点こそ取れましたが、相手にプレッシャーを与えるラリーができずに1ゲーム目を失いました。2ゲーム目はピックアップをしっかりして、相手に少しでも簡単にポイントを与えないことを意識して入りました。それが相手のミスにも繋がり後半までは良い感じでいけたのですが、そこから足が止まってしまい流れを失ってしまいました。その流れは、3ゲーム目も引きずってしまい最後は余裕を持たれてラリーをされてしまいました。試合の序盤からディフェンスをしっかり意識した展開とピックアップが必要な試合でしたが、そこが1ゲーム目にできなかったことが勿体ない結果となりました。
最後の渡邉選手は、トータルバランスの良い選手が相手でした。特に特徴はないのですが、テンポ良く強いドライブを打ってきてフロントもうまく使ってきました。ゲームの入りは、自分のリズムでいくも噛み合わずに少し空回りする感じとなりました。試行錯誤しながら色々と試みていましたが、ラリーを作ることができなくポジションも良くない中でひたすら拾う感じとなりました。2ゲーム目は、そこを強引に打破しようとして、打点とスイングが狂ってしまいティンを叩くことが多くなり、失ったポイントの半分は自らのミスとなってしまいました。3ゲーム目にようやく対処方法が定まり、互角のラリーを展開できましたが、最後は競り負けてしまい、残念ながらゲームを取ることはできませんでした。
チームとしては、カナダに負けたことで明日のオーストラリア戦にもし勝ったとしても、かなり厳しい状況となりました。しかし、最後まで諦めずに勝利を目指して挑みたいと思います。
 
高橋楽歩選手コメント
今日の試合は、カナダの相手とでした。
個人戦で1度対戦していて、その時は自分が中途半端な高さに出したボールをドロップで決められる展開が殆どだったので、低さを使って相手にボレーをさせないで下げるということを意識してプレーしました。
結果的には負けてしまいましたが、自分なりには個人戦の反省が活かせたのではないかと思います。
しかし、自分がプレッシャーをかけられている体制からも低く狙ってしまったり、疲れた時にふと甘い高さのボールをだしてしまったりもったいないプレーが多かったので、明日からの試合では修正します。
 
団体戦スケジュール
7日 オーストラリア戦 11:00〜 ct10・18:00〜 順位決定戦
8・9日 順位決定戦
 
大会情報はコチラから
https://www.wsfworldjuniors.com/
 
団体戦ドロー、試合結果はコチラから
https://www.wsfworldjuniors.com/2019-team-draws/
 
ドローや試合結果はコチラから
https://clublocker.com/tournaments/10720/draws?divisionId=3&sectionId=1
 
試合の動画はコチラから
https://m.facebook.com/SQUASH.my/
※全コート全試合ストリーミング配信する予定です
 
グラスコートのストリーミングはこちらから
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=10157575682267244&id=248959407243

Asahi その感動を、わかちあう。
ダイナム
AGC株式会社
トレッサ横浜
PR TIMES
九州医療スポーツ
HEAD
  • SQUASH PRO SHOP SPORTS STATION JIN
  • SQ-CUBE スカッシュ専門施設
  • サンセットブリーズ保田
  • MIZUNO
  • DUNLOP
  • YAMANAKA Shirt Maker
  • BE-Win
  • ティップネス
  • サンワ
  • グリーティングス
  • ボースト
  • T-BOX
  • リバティ スカッシュコート
  • Black Knight
  • フロンティアスカッシュスポーツ
  • フィンランドサウナジャパン
  • work vision
  • SPORT FOR TOMORROW
  • スポーツ振興基金
  • スポーツくじ toto BIG
  • アンチ・ドーピング JADA