公益社団法人 日本スカッシュ協会

ニュース

2018.09.12

ナショナルチーム

アジア競技大会  大会後インタビュー 日本代表 遠藤共峻 選手 

先日の第18回アジア競技大会で大いに活躍された、日本代表 遠藤共峻 選手の大会後のインタビューをお届けします!

-まずは、史上最高位5位という成績を残しました。今の率直なお気持ちをお聞かせください。
 
正直なところ、トップ4しか狙っていなかったので、悔しい気持ちが強いです。
ご存知の通り、このアジア大会で日本チームはメダルを量産している中で、男子チームはメダルを取れもしなかったというのは、男子チームを筆頭に日本スカッシュ界が抱えるべき危機感とは思いました。
ただ、今回女子チームが初のメダルを獲得してくれたことは、日本スカッシュ界の大きな一歩であるので、これから日本スカッシュ界が盛り上がるキッカケになるといいなという風には思います。
 
-個人戦、団体戦を振り返って、印象に残っているのはどの選手との対戦でしたか?
    その理由もお聞かせください。
 
私の一番の戦いは、可愛い子のLINEをゲットするという。。。。あっ、他の競技の方とのコネクションを作ることでしたので、その中で多くの攻防があり、身体的にかなり疲弊するものとなりました。内容的なところでは、私のプライベートに関わり、全容をお話しすることは出来ませんが、善戦できたとは思っております。
 
-チームジャパンについて一言お願いします。
 
チームジャパン強すぎです。調べてみるとほぼ全ての競技で日本チームはメダルを獲得していました。出会う人皆がメダリストという、ちょっとした孤独感さえ味わう程です。。
でも、スカッシュチームのノリの良さ、そして私自身の盛り上げ力は随一だったかとは思うので、そこは自信を持っていきたいと思います。
 
-試合以外で、特にビレッジでの生活や、閉会式、観戦、ジャカルタの事などで心に残ったこと、楽しかったことなど教えてください。
 
普段出会えない他の競技の選手やカメラマン、記者の方と話せたのは、とても勉強になりました。そのような方と話をして、スカッシュの現状を知ることが出来ましたし、伸びしろを感じました。
その例としては、どの方もグラスコートを見ると、なぜこんなスタイリッシュなのに、人気がないのかと言ってくれました。今年の全日本ではグラスコートが初登場ということで、その伸びしろを生かすチャンスですので、とても楽しみです。そして、全日本を皮切りにどんどん、グラスコートが活用され、スカッシュの魅力が伝わっていけばいいなと思いました。
また、今回、男女共に金メダルと大躍進のホッケーチームのナショナル施設のお話を聞き、ナショナルコートが設立されれば、スカッシュ競技の発展に大いに貢献するのではと強く感じました。
 
-これからの遠藤選手とスカッシュのかかわりについて教えて下さい。
 
難しい質問ですねーーー。
短期的に言えば、これからも選手として、そして選手として出来ることを頑張っていきたいと思います。
長期的に言えば。。。。差し支える範囲になるので、コメントは控えさせていただきます笑
 
-お疲れだと思いますが、日本に帰ったら、したいこと食べたいものとかありますか?
 
どんどん自分を追い込んだトレーニングをして、次に繋がる練習をする前に風邪を治したいと思います。
 
-応援してくださった人々に一言お願いします。
 
この度は応援していただきありがとうございました。期待に応えられるよう、努力していきます。

Asahi その感動を、わかちあう。
ダイナム
AGC株式会社
トレッサ横浜
PR TIMES
リバティ スカッシュコート
九州医療スポーツ
HEAD
mailmate
  • SQUASH PRO SHOP SPORTS STATION JIN
  • SQ-CUBE スカッシュ専門施設
  • サンセットブリーズ保田
  • MIZUNO
  • DUNLOP
  • YAMANAKA Shirt Maker
  • ティップネス
  • サンワ
  • グリーティングス
  • SPORT FOR TOMORROW
  • スポーツ振興基金
  • スポーツくじ toto BIG
  • アンチ・ドーピング JADA