公益社団法人 日本スカッシュ協会

トップ選手紹介ナショナルチーム

2018.09.12

アジア競技大会  大会後インタビュー 日本代表 小林僚生 選手 

先日の第18回アジア競技大会で大いに活躍された、日本代表 小林 僚生選手の大会後のインタビューをお届けします!

-まずは、史上最高位5位という成績を残しました。今の率直なお気持ちをお聞かせください。
 
記録を更新できたという面では嬉しく思います。しかし男子チームにとって今回の5位は想定内の成績なので、女子チームと同様に銅メダルを獲得できなかったことがとても悔しいです。今回は予選でパキスタンに勝てるチャンスが例年よりありましたが、個人的にこの試合でベストを尽せずチームの足を引っ張ってしまった。
 
-大会を振り返って、印象に残っているのはどの選手との対戦でしたか?
  その理由もお聞かせください。
 
1) パキスタンのIsrar Ahmed選手との対戦
ドロップとショートストレートを使った攻め方のメリハリが良く、終始そのパターンで失点させられた。自分は去年までほどフロントコートでのゲームで戦えない為、このような攻め方をしてくる選手とわかった時点でバックコートを中心としたゲーム展開をすべきだった。
2) 韓国のLee Seung Taek選手との対戦
5位を取るためにはこの試合で勝つことが最低条件でした。大会3日目で、フィジカルコンディションが上がってきたときに対戦出来たので、自分の想像より良いプレーができてチームの成績に貢献できました。特にその試合ではニックが何本も決まり、とにかく楽しかったです(笑)
 
-チームジャパンについて一言お聞かせください。
 
監督、トレーナー、男女の壁は一切なく、常に楽しくコミュニケーションをとっています。程よい緊張感を保ちながら、良い意味で緩く、ストレスをあまり感じないで大会を過ごせます。
それと、試合中はどの国よりもチームメイトを応援してその場を盛り上げられるチームです!
 
-試合以外で、閉会式、ビレッジでの生活や、移動、観戦、ジャカルタの事などで心に残ったこと、楽しかったことなど教えてください。
 
1) 人生で初めて競技場で陸上を観戦したこと。
普段テレビ越しで観ている陸上競技(今回は4x100m,4x400m)を生で観て、スポーツの本当の面白さを肌で体感できた。その他水球の決勝進出、女子ホッケーの優勝を決めた瞬間などを観て同じアスリートとしてインスピレーションが湧いた。
2) ビレッジでの他競技の選手との交流。
交流を通じて彼らのライフスタイルや競技に対する考え方を知る事ができた。彼らとは純粋に友達になり今後も交流を深めていき、そのネットワークを今後スカッシュ界の発展に繋げていきたい。
 
-これからの小林選手とスカッシュのかかわりについて教えて下さい。
 
今後も社会人プレイヤーで日本代表選手として活躍していきたいです。アジア大会での1週間はとても刺激的で、他競技で活躍している選手達と同じ日本代表なのに自分はまだまだ甘いと感じました。これからは今までより積極的にトレーニングの時間を作って更に頑張っていきたいと思っています!
 
-お疲れだと思いますが、日本に帰ったら、したいこと食べたいものとかありますか?
 
やはり一番お寿司が食べたい!と思い帰国後お寿司屋さんに直行しました(笑)
 
-応援してくださった人々に一言お願いします。
 
日本からの熱い応援ありがとうございました!皆さんの応援なくして男女共に今回の成績で終えることはできなかったと思います。これからも日本スカッシュを一緒に盛り上げ発展させていきましょう!

Asahi その感動を、わかちあう。
ダイナム
株式会社LAND
トレッサ横浜
ゆうぽうと世田谷レクセンター
リバティ スカッシュコート
九州医療スポーツ
HEAD
  • SPORT FOR TOMORROW
  • スポーツ振興基金
  • スポーツくじ toto BIG
  • SQUASH PRO SHOP SPORTS STATION JIN
  • SQ-CUBE スカッシュ専門施設
  • アイベックスポーツ株式会社
  • サンセットブリーズ保田
  • prince
  • MIZUNO
  • DUNLOP
  • YAMANAKA Shirt Maker